施工管理責任者

桑田 伸也

塗装で一番大事な工程は下地調整なので、どの方法が最も長持ちするやり方か、常に考えながら作業しています。
必ず次の工程に進む前にチェックをし、一度施工した部分でも気になれば妥協せずに手直ししてから塗装作業に入ります。塗装工事は時間が経ってから施工品質の差が出てきますので、10年後も地元で胸を張って仕事ができるように、今やっている工事を全力投球で取り組んでいます。
全ての工程に妥協せず、完璧な工事をしてお客様に喜んでいただきたいです。